血液の循環にはサイクリングが最適

サイクリングで血流を改善する

勃起は股間にある海綿体に血液が流れ込むことで起こります。ただ、普段から勃起しているわけにはいかないので、入り口は閉じた状態になっています。セックスするときにスイッチが入り、入り口が開いて血液が海綿体に流れ込むことになります。

 

つまり、勃起不全は「シグナルが伝わらない」もしくは「血液が流れ込まない」、あるいはその両方によって起こるのです。原因はいろいろですが、結果的には海綿体に血液が流れるかどうかが運命の分かれ道となるわけです。

 

動脈硬化や糖尿病などにかかっていると、血液の流れが悪くなります。そういう場合は、運動による血行促進が効果的です。ただ、突然ジョギングなどの負担が大きい運動をすると体に悪いので、適度な運動を行うことが重要です。

 

そこで試してほしいのが、サイクリングによる運動です。自転車の運動はジョギングなどに比べて足腰の負担が少なく、自分のペースでゆっくり運動できます。また、下半身に血流が集中するため、動脈硬化や糖尿病などによいほか、勃起不全にも効果があるそうです。

 

はじめは、脈拍が90程度を維持できる程度で走るとよいそうです。1〜2週間して慣れてきたら、脈拍100程度まで運動の強度を上げていきます。時間は1回15分〜30分程度、回数は一種間に3回程度で問題ありません。特別な自転車を用意する必要はなく、ママチャリでも問題ありません。本格的に遠出をしたいなら、シティサイクルやエアロバイクを購入してもよいでしょう。

 

注意点してほしいのは、サドルの高さです。足を延ばした状態でサドルに座り、片方の足をペダルに乗せて、ペダルに乗せた足側の腰がずれない高さがベストです。サドルの位置が低すぎるとひざを痛める原因になるので、精力回復どころではなくなってしまいます。


関連ページ

草食系男子の原因は草食にアリ?
精力回復、勃起力アップのカギは男性ホルモンの分泌量にあります。加齢による精力減退は男性ホルモンの減退が原因であり、男性ホルモンを回復させることで精力が回復する可能性が高いです!
玉玉ポロリンで精力回復?
下着の前開き穴からペニスを出して生活する「玉玉ポロリン」という精力回復術があります。一見「本当か?」と思いますが、効果を感じている人もいるそうです。