精力回復したら脱毛が加速しない?

精力回復してもハゲやすくはならない

基本的に男性ホルモンの分泌量と精力は比例します。なので精力回復するためには男性ホルモンを増やすとよいのですが、一方で男性ホルモンが多いとハゲやすいという話もあります。事実、薄毛の人ほど精力が強いというウワサを耳にすることもあります。ですが、男性ホルモンと脱毛の間には複雑なからくりがあり、一概に正しいとは言い切れない部分があります。

 

毛根部には5αリアクターゼという酵素があり、男性ホルモンと結合するとジヒドロテストステロンという成分に変化します。ジヒドロテストステロンは抜け毛を進行させたり、育毛を阻害したりするので、「男性ホルモンが多いとハゲやすい」という考えに至ってしまいがちですが、どちらかというと5αリアクターゼの量の方が問題なのです。5αリアクターゼが多い男性は、たとえ男性ホルモン分泌量が少なくても、大量のジヒドロテストステロンを生み出すため脱毛しやすくなります。

 

逆に、5αリアクターゼが少ない男性は、どれだけ男性ホルモンの分泌量を増やしても脱毛しにくい状態となります。ヒゲが濃くて筋骨隆々のいかにも男性ホルモンが多そうな人でも、髪の毛はフサフサだったりしますよね?そういう男性は、5αリアクターゼの量が少ないのです。

 

したがって、脱毛しないようにするために男性ホルモンを減らす必要はなく、5αリアクターゼを制御するほうが効果的なのです。5αリアクターゼをコントロールする方法はいろいろありますし、対応する育毛剤も発売されているので、脱毛が心配ならそちらを併用されるとよいと思います。